店主がマイペースに書く、カレーとインドとその他のこと。
[100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [81


チェンナイから飛行機でデリーに戻り、
デリーから電車でジャーンシへ。
ここからタクシーでオルチャへ向かった。
途中、町で人気のスナック屋に寄ってもらった。






作り立てのダヒ・サモサも美味しかったが、
削りたてのピスタチオがいいアクセントになった、
暖かいガジャルハルワ(人参の甘いデザート)が
かなり美味しかった。
 
 
 

昔見た、一枚の写真でいつか行こうと思っていた土地。
マディヤプラディシュ州というまだ行ったことのない土地。
ここの郷土料理にすごく興味があったわけではないが、
行ってみたかった。

  
 
乾いた土地に緑の木々、
ベトワ川のほとりにはぽつぽつと遺跡がある風景。
ここのサンセットを含む景色は、
カンボジアやラオスにいるような錯覚を起こした。

  
 

ブルーがアクセントになったホテルのダイニングは、
インドというよりどこか中近東を彷彿させた。
個性的なインテリアが興味をそそるホテルだった。  


  
 
   
matton Bundelkhand
ムガール的要素あふれるコクのあるこってりとしたグレービーだが、
味はリッチ過ぎず、すこし庶民的だったのがよかった。


日本人にもなじみのあるアグラやバラナシを抱える、
ウッタルプラデシュ州にもほど近い場所にあるオルチャ。
このマディヤプラディシュ州北部の地域のBundelkhandi cuisineを
ほんの少しだけ味わうことができた。


砂の岬ホームページへ
砂の岬のホームページは   こちら。
こちらのページは、 店主のひとりごと(BLOG)です。 上記リンクから、ホームページへ移動します。