店主がマイペースに書く、カレーとインドとその他のこと。
[99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [81]  [90



マドゥライ近郊出身のBALAさんの案内で、
年に一度、1~2月中の満月の日に行われる
Teppam Festivalへ行ってきた。

 
 
 大きなタンクの中心のお寺もライトアップ
 
 
 

大きな鍋がドンと1つだけのパルティパールの屋台。
夫婦も愛らしく、
店の雰囲気も抜群にいい。


 

僕たちが大好きなジガールダンダと並び、
マドゥライでの有名なParuthi Pal(パルティパール)は
コットンシードとミルクで作られた甘味のある飲物。
 
 
 


見ているだけで楽しい屋台がたくさんあった。
  


フェスティバルを離れ、
町のレストランへ。

ベジには全く興味のないBALAさん。
スーパルなノンベジ具合がさすがだった。


 

イメージを覆すマトンドーサと
奥に見えるのはマトンボール。

 

 
さすが地元の人だけあって、
細かなオーダーの仕方や順番や食べ合わせ方、
そして、それぞれの量のバランスが抜群だった。

 
そして、いつもどうりに、
チャイショップとコーヒーショップをはしごする
マドゥライでの日々だった。


チェンナイへ向かいます。



砂の岬ホームページへ
砂の岬のホームページは   こちら。
こちらのページは、 店主のひとりごと(BLOG)です。 上記リンクから、ホームページへ移動します。