店主がマイペースに書く、カレーとインドとその他のこと。
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [8]  [7]  [6]  [4]  [3


2007年、インド亜大陸を地を這うように食べ歩いた。


インド滞在3か月を過ぎたころ、僕はプシュカールにいた。

暑さと疲れ、そしてローカルフードをがんがん食べていたせいか
強めの食あたりで寝込んでいた。
水とバナナ、そしてヨーグルトがやっとの生活が3週間ほど続き、
カレーが食べれないストレスで精神的にも苦しかった。

いったんバラナシに戻り、現地の病院で薬をもらって少し回復したので、
僕はそこからネパールを目指した。


夜行列車とバスを乗り継いでネパールの首都カトマンズに向かった。


深夜、まったくどこかもわからないローカルな食堂でバスが止まった。

どうやら休憩のようだったので、現地人と一緒に遅めの夕食をとった。


薄暗い店内の、油のこびりついたテーブルにつき、初めてダルバートを食べた。

一つ一つの味を忘れないように頭をフルに使って食べた。


初めて食べたのになぜか懐かい。
 

ちょっと塩のきいたダルスープは田舎っぽくて、
ほろほろに崩れたジャガイモとカブのタルカリは優しくて、
ほんのり酸味の大根のアツァールは日本のお漬物を思い出した。

 

僕はダルバートが好きだと思った。

 

弱っていた体のことは忘れ、夢中で食べた。

 


カトマンズに向かう真っ暗なバスの中、僕は興奮気味にノートにメモをしていた。


初めて食べたあの味とあの気持ち、そしてあの時の食の風景を忘れないように。



281f575d.JPG




 
砂の岬ホームページへ
砂の岬のホームページは   こちら。
こちらのページは、 店主のひとりごと(BLOG)です。 上記リンクから、ホームページへ移動します。