店主がマイペースに書く、カレーとインドとその他のこと。
[1]  [2

カトマンズからルクラへ



ネパールのトリブバン空港に朝5時半着。

トレッキングのスタート地点、ル
クラ行きの飛行機は霧の為飛ばず。。

まあ、これは予想どおり。

この時期は霧が出やすいうえ、
小型飛行機は有視界飛行だし。
無理して飛ばすほうがよっぽどこわいし。

小さな空港内は、どんどん人が溢れかえってきた。
6時間ほど待ち、諦めかけた頃アナウンスが入った。
やった!


たった20名ほどしか乗れない、
小さな飛行機が飛びたった。




be41017c.JPG

 


国内線の空港内

荷物がザザーン。
インド・ネパールではよくある風景。






454c1ef4.JPG





ロビーがかなり寒いため、みんなうろうろ。
身体を動かしながら、なかなか来ない飛行機を待つ。






カトマンズからルクラまでの飛行はマウンテンフライト。
贅沢な時間を過ごした。

 


46fad48d.JPG









狭い機内は操縦席も丸見え




3fd86bc6.JPG






カトマンズ~ルクラ間は左側がおすすめ。。
ヒマラヤビューです。



昨日、僕らはオープン前から航空会社のオフィスに行き、
4、5日滞在してることを伝えた。

一番最初のフライト便を要求し、
チケットが取れた。

5時半に起き、
ロッジの窓からいつものように外を見ると、
この時期にしては、
珍しく霧ひとつなく、
素晴らしい天気。

行き先のカトマンズの天気、
飛行ルートの風の強さの具合は
ここではわからないけど、
まず一つ条件をクリアした。

いつものパンケーキを食べて、
すぐにチェックインに向かった。

そこにはポーランドの青年がいて、
今日のフライトを、
みんなで祈った。

少し遅れて、
僕らの第一便が来た。

僕らは飛び上がって、
声を出して、
喜びをわかちあった。


大嫌いだったルクラの町に、
一礼だけして、
僕らの飛行機は飛び立った。





そして今は、
カトマンズ。


今日からまた、
充実したネパリフードを、
食べまくるぞ。








僕らはなぜこの町に滞在しないといけないのか?

なぜ飛行機は僕らを乗せてくれないのか?

そんな事を考えていました。
 
今この町に残っていて、
4日以上飛行機に乗れていない個人旅行者は5組。

日本人の僕らとポーランドの青年2人とドイツ人1人。

ここ何日か通常通りの便数で飛行機が飛んだ日はなくて、
例えば、、

3日前 霧の為ゼロ
2日前 強風の為、第一便のみ
昨日 霧の為ゼロ
今日 第6便まで飛んだが、僕らの第7便の前に終了
 
昨日は待つ事ができない旅行者が
ヘリコプターをチャーターして何台もかえっていった。

非常にも1台約25万、しかも最大定員5名まで。ど
う頑張っても1人当たり5万は必要。

1週間2週間まって飛ばなくても、
何も保証はないだろう。



毎日、3時位まではフライトを気にしていなければならないため、
他の事を集中してやる事もできない。


今日は6台の飛行機が飛ぶのを
僕らはただ見送っていた。
 
 
さっき航空会社にみんなで行って
僕らの状況を伝えてきた。


とにかく明日の飛行機に乗れる事を祈るだけ。


トレッキングも無事終わり、現在スタート地点の町ルクラにいます。


この町に着いて3日目。

飛行機が飛びません。

ネパールの小型飛行機は有視界飛行。

一番の敵は、霧。
めちゃくちゃでてますよ。
雪が降って滑走路がアイスバーンだったり、
強い風がふいてもとびません。

町もオフシーズンの為、ガラリとしてます。

レストランもおいしい所がありません。


We Wish to return to kathmandu early!




ネパール、カトマンズに着いて3日がたった。

以前来たときよりほんの少しだけど、
街での埃や排気ガスが減ってきたような気がする。

今はピークのシーズンではないが、
ここタメル地区は相変わらず観光客が多い。

この町に来るといつも時間がない。

あらゆるジャンルのレストラン、カフェ、パン屋、本屋、紙屋、雑貨屋、
アウトドアショップ、CDやDVDショップ、アンティークショップ、、、、、

お気に入りのレストランや食堂を食べ歩いたり、
料理を習ったり、
トレッキングの準備をしたり、
物販買い付けをしたり、
以前お世話になったネパール人に会いに行ったりと、、


それよりなにより停電がひどい。。

5年前・・たまに停電。
2年前・・1日か2日のうちに数時間停電。
現在・・・毎日12時間停電。(毎日停電スケジュールが変更)


シャワーを浴びるのも、
カメラやPCを充電するのも、
部屋で過ごすのも(ヘッドライト状態です)、、、

停電時間の合わせて計画を立てないと、えらいこっちゃですよ。


だから時間が少なく思う、
今回の旅です。


776527df.JPG08b0e577.JPG








860d97a4.JPGdcb83116.JPG



 







明日からはエベレストトレッキング。


2年ぶりの山小屋ごはんの旅だ。


 



デリーの空港内で一泊し、朝の便でネパール、カトマンズに向かう。
が、霧のため遅延。

遅延は全然問題ないよ、ただ安全なフライトをおねがいします、、
っていつも思うようにしてる。

 

インドでの国内線や近郊に行くのになにかとお世話になっているスパイスジェット。
日本からのネット予約も簡単で、金額も安い。
なにより名前がいいよね。




IMG_2339.JPG







早朝、外を見ると濃い霧がかかっていた。




IMG_2346.JPG




☆スパイスジェットの機内誌
今回の表紙はカラフルだった。
ルートマップに載っているそれぞれの都市は唐辛子。
今後、日本の成田空港も唐辛子になるのかな。。





IMG_2348.JPG


デリー~カトマンズ間のフライトの後半はヒマラヤビュー。
ヒマラヤを眺めれるだけで、飛行機代がより安く感じた。

自然の風景や街並みがゆっくりと変化するのを楽しめる
ローカルバスの旅ももちろん好きだ。
けど、、1日以上かかりますのでご注意を。




 


デリーの空港はずいぶんと綺麗になった。


空港に着き、緊張しながら外にでる。
薄暗い中、客引きが押し寄せてくる、、、
そんなような昔の雰囲気は今はほとんど感じられない。
 


空港内のブースも充実していて、
本屋、オーガニックのスパイスや食材を売る店、雑貨、カフェやレストラン、
休憩&マッサージもできるちょっとしたリラックスルーム(いかないけど)など、、
結構時間を過ごせるようになった。



IMG_2328.JPG







以前のような埃っぽさはないロビー。





IMG_2329.JPG






デリーの空港内では貴重な南インドの軽食が食べられるお店。
ぼちぼちな味ですが、、。





IMG_2340.JPG






雑貨&カフェ&マッサージもしているハイセンスな店。
インド音楽の生演奏もしています。




 

砂の岬ホームページへ
砂の岬のホームページは   こちら。
こちらのページは、 店主のひとりごと(BLOG)です。 上記リンクから、ホームページへ移動します。