店主がマイペースに書く、カレーとインドとその他のこと。
[76]  [75]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65
 
 
  
 
 
  
ミールスを終えて...



3週間の期間限定ミールスが終了しました。


当初は1ヶ月以上するつもりでしたが、
普段よりも多い仕込みと、日々のプレッシャーと、
子供たち(カレーのこと)の管理が大変すぎて、へこたれました。


料理を作るテンションが落ちないように、
気持ちが折れないように、
3週間集中してなんとか終えることができました。



食べていただいたお客様、
ありがとうございました。
 
天候も悪く、雨も多い中、
並んでいただく日もたくさんありました。

しかも2回、3回、4回、5回と、、
何度も食べていただいたお客様もいらっしゃいました。

食べていただけるのは1度のみかなぁ、、
なんて思っていた分、
とても嬉しかったです。


ありがとうございました。。。
  
  
  
   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
  
    
    
  
   砂の岬 MEALS
  
   
 
   
今回のミールスで登場した新しいカレーを
(もう遅いですが、、)
説明しておきます。。
  
 
 
  
アーンドラカロンジマチ

アーンドラプラディシュ州の魚(マチ)のカレーです。
カロンジ(ニゲラともいうスパイス。クミンの香りを少し抑えて、
しょうゆをほんのり足したような風味。
とても個人的でわかりにくい説明ですが、、)の香りを
白ごまとポピーシードがベースのグレイビーに合わせました。

マスタードが効いたベンガルスタイルのフィッシュカレーや
ココナッツやタマリンド主役のケララスタイルのフィッシュカレーのように、
ポップでわかりやすい味の魚カレーではないですが、個人的には好きな味です。

普段のフィッシュカレーではメカジキを使いますが、
このカレーには相性が悪いので、脂がのっているサバやブリを使用しました。
 
 
 

プラウンラッサム

以前、タミルナード州のマドゥライで教えてもらった、
ナンドゥラッサム(カニのスパイシースープ)の
レシピをベースにエビを使いました。
ノンベジのラッサムは現地でもそんなに主流ではないので、
いつかやりたかった一品でした。
香ばしいにんにくの香りと3つのスパイスをフィーチャーして、
あえて酸味を減らして作りました。


 
ダール
 
インド全土で欠かせない食材である豆。
ミールスの中にもお豆のカレーはもちろんあって、
野菜と豆のスパイス煮込みのクゥートゥーが一般的な組み合わせなんですが、
今回は南インドから少しそれますが、マハラシュートラのダルカレーの一つ、
ウサルをピックアップしました。
夏に行ったムンバイ、プネーで意識して食べたウサルは
マハラシュトラターリーには欠かせない一品です。
3日ほどかけて発芽させた2~3種類の豆と
ほうれん草やカボチャと煮込んでシンプルに仕上げました。
ミールスに組みあわせても相性はいいと思います。



 
今回はムンバイで買ってきた豆3種、
形が可愛らしいwalと色がきれいなgreenchana、
そして食感がいいwhitepeasなどをよく使いました。

 

 
レモンラッサム

レモンの酸味に生姜の風味を足してシンプルに作りました。
生のカレーリーフの力も借りて、、、



コサンブリ

人参と大根をインドのチープなおろしがねで細く荒く削り、
緑豆ムングのスプラウトと合わせ、
仕上げにマスタードとカロンジの香りをうつしてレモンであえました。
ほんのり甘いのは削りココナッツ。

 






■■■   日々のこと、営業時間やお休みの情報などは → こちら   ■■■
■■■     砂の岬トップページは → こちら                ■■■   
 
 
 
砂の岬ホームページへ
砂の岬のホームページは   こちら。
こちらのページは、 店主のひとりごと(BLOG)です。 上記リンクから、ホームページへ移動します。