店主がマイペースに書く、カレーとインドとその他のこと。
[39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29


ククラ・コ・マス



ざっくりした言い方として、
インドにくらべてシンプルなスパイスの使いのネパール。
(もちろんレストランや安食堂や家庭料理の差はあります)

お肉や野菜や豆、
各種それぞれスパイスをつかってカレーになりますが、
主役は「スパイス」ではなく「素材」だということを
僕自身いつもネパールでは感じます。

日本で最もポピュラーなインドカレーは、
鶏肉を使ったチキンカレーだと思われます。

インドで食べるチキンカレーが各地域や食堂で違うように、
お隣の国、ネパールのチキンカレーも違った個性があります。


今回のスペシャル
砂の岬 ヒマラヤンダルバートの
NON VEG(お肉のセット)には、
ネパールテイストのチキンカレー、
「ククラ・コ・マス」
がメインのカレーとしてついています。

意味合いとしては、
ククラ(鶏)・コ(の)・マス(肉) という感じです。

チキンの味が出るよう骨付き肉を使い、
現地と同じくシンプルなスパイス使いで、
田舎的でまっすぐな味をイメージして作りました。

ダルバートの中の一品ですので、
その他のカレーや付けあわせにも合うように心がけつつ、
メインであるけど、出過ぎない、、、という感じ。。
(個の力というよりは、チーム力ですね、、)
 

 9cf4e357.jpeg



 


お肉がたっぷり入った汁気が少なめのチキンカレー(左)に、
別で作ったチキンスープ(中)を付ける食堂もあります。

 
 

今回の食べ歩きでも答えは同じ。


僕のお気に入りはレストランでも家庭でもなく、やっぱり食堂の味だった。

 

砂の岬ホームページへ
砂の岬のホームページは   こちら。
こちらのページは、 店主のひとりごと(BLOG)です。 上記リンクから、ホームページへ移動します。