店主がマイペースに書く、カレーとインドとその他のこと。
[132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124

 
セーラム・ピッチュポッタ・チキン  
Salem Pichu Potta Kozhi


細かく裂いたチキン、
カレーリーフとブラックペッパーを効かせたセミドライタイプのカレー



再開後のノンベジアイテム用に試作をしています。

チキンの裂き方で口当たりとマサラとの馴染み方が変わってきます。
挽肉を使ったキーマとは違う、ふわっとした食感が印象的なカレーです。
大量のブラックペッパーは芳香で刺激的な辛さを、
身の厚いカレーリーフは青さのある強い香りを。






 
 Salemで食べたPichu Potta
 Naatu Kozhi Gravy,ParottaそしてHalf Boiled Eggとの組み合わせは完璧。
 タミルノンベジの卵料理の需要とそのポジション。
 現地のノンベジイーターからの信頼は厚い。(卵の話はまた別で、、)
 

 

  
Burma Tomato Chickenという期待できないユニークな名前だったが、未知の味で美味しかった。
 そしてこれはPichu Pottaと同じラインのカレー。
  Burma(現ミャンマー)からコインバートルに移り住んで開いた老舗のお店。
  歴史あるオリジナルはやはり面白い。




"Recipe From Kongu Nadu"

9月から予定している期間限定メニューに向けての、先行リリースになります。

再開後のノンベジはしばらくこれで行きますので、是非お試しください。

砂の岬ホームページへ
砂の岬のホームページは   こちら。
こちらのページは、 店主のひとりごと(BLOG)です。 上記リンクから、ホームページへ移動します。